おまとめローンの審査が通りやすい口コミ?

おまとめローンとは複数の金融業者から借金をしている人が新規の金融機関から借り入れをして、今までのローンを一括完済するためのローンです。

何件もの金融機関から借り入れをしていると何回も返済日があるので残高の管理が大変です。

与信枠が低いと利息が高くて不利ですから何件ものローンを1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

反面、おまとめローンを希望する人は多重債務者ですから審査の基準が厳しくなったり、断られる可能性もあります。

金融機関の中にはおまとめローンという商品を掲げているところもありますので専門の商品なら多重債務者でも歓迎してくれると思います。

おまとめローンの審査が何度も不合格な人は通らない理由を自己分析する必要があります。

一般的には、ローン審査には「スコアリング審査」と「個人信用情報」の2方向からの審査があり特に目立った問題点が無ければ審査通過に期待が持てます。

年収が低くても他社からの借入総額が低ければ問題がありませんが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査落ちは必至です。

勤続年数は長いほど安定性があると判断され公務員や大企業の社員なら信頼度が高いので審査に有利になります。

多重債務者は金融業界では要注意人物なので他社からの借入件数が5社ある人は審査落ちを免れません。

おまとめローンは多重債務者の負担を軽減する商品ですが利用件数が多すぎると審査に落ちてしまいます。

借入件数は3社までなら安心ですが絶望的な人でも審査に通る方法がないかを考えてみましょう。

第一に行うべきことは、これまでの返済状況の確認と借入先と借入金額や残高の確認です。

完済できる借金があれば整理したほうが有利になりますから利用限度枠を計算して完済できるローンを洗い出しましょう。

審査で重要視されるのは金融事故歴ですから、それがなければ返済歴に問題ないので審査を通過できる可能性があります。

おまとめローンは複数社から借り入れていた借金を1つにまとめるためのローンで月々の返済額を低くすることができます。

毎月の返済額を減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますがおまとめローンを組んでも元本は変わりませんから返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長期化することで、その分金利も発生しますので返済しなければいけない総額はおまとめする前より増えてしまうのです。

一方で、金融業界の常識として与信限度枠が高い人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンを組んだ際に、高い与信限度額で無事承認されれば、現在よりもずっと低金利で融資を受けられることになります。

そのため、おまとめローンでどれくらい金利を抑えられるのかということをきちんとシミュレーションしておけば返済総額を増やさなくても、毎月の楽な返済を実現できるのです。

おまとめローンを組む際に最も簡単な方法はweb完結というインターネットを使った手続きです。

自宅からなら気兼ねなく申し込みができますし、わざわざ出かけて行かなくても申し込むことができます。

注意することはweb申込みとweb完結はちがうということで最初から最後までwebで行う事ができるのはweb完結です。

申しこんでから審査結果が通知されるまではweb申し込みでも可能ですが必要書類を持参して店舗へ出向いて契約する金融業者もあります。

web完結なら曜日や時間に関係なく手続きができるだけでなく電話連絡や郵送物をなくすことができるローンもあるので家族や身内にバレる心配もありません。

おまとめローンの手続きを順序良くに進めるために必要となる書類や手続き方法を紹介します。

必須の書類としては本人確認書類があり運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類ということになります。

現在の借入状況を証明する書類の有無はおまとめをする金融機関によって違うのですが消費者金融の場合は総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要となります。

収入証明書は借り入れを希望する金融機関によって異なるのですが消費者金融業者で50万円以上、銀行で100万円以上からの借り入れで求められることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など該当します。

いずれも特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している方は早めに必要書類を用意しておきましょう。

銀行では、おまとめローンという名前の商品よりも借り換えローンやフリーローンと呼ばれる名前の商品のほうが多いと思います。

銀行には総量規制がないので与信枠内であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付が適用されているので、返済専用のローンとなっています。

又、銀行のフリーローンは事業用資金以外は使い途に制限はありませんが消費者金融のおまとめは貸金業の返済だけにしか使用できません。

銀行のおまとめローンは消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能ですが消費者金融はというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ということで、銀行と比較すると見劣りするスペックなのは間違いありません。

しかし、消費者金融のおまとめローンは銀行と比較して審査に通りやすかったり、審査結果や融資までの時間が銀行よりも早いというメリットもあります。

多重債務を1本化できるおまとめローンはバラバラな返済日を一括管理することができます。

メリットが多く効率的なおまとめローンなのですがデメリットも多いので、事前にチェックする必要があります。

おまとめローンでも審査を受け合格する必要がありますが借入金額が大きいなどの要因で審査内容は厳しくなります。

毎月の返済額が多すぎるから減らしたいという人は返済が長期化しますから、利息の総額は多くなるのは自覚しておくことです。

毎月の返済額が減ると生活に余裕が出来たと錯覚する人もいるようで完済した業者から融資の勧誘電話がかかってくると、再び借り入れる誘惑に負けてしまうリスクもあります。

プロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンと呼ばれるキャッシングサービスがあります。

通常のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であるということや返済専用のカードローンなので追加の借入れができないことです。

6.3から17.8%と高めの金利設定になっていますが最短で即日融資が受けられ保証人も不要というカードローンのメリットは健在です。

最大限度額が300万円なので全ての借入れをまとめることができないかもしれませんが申込資格は20歳から65歳以下で安定継続した収入がある人だけなので勤務形態の規制はありません。

既存の借入先への返済を代行してくれるだけでなく振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などは一切かかりません。

埼玉りそな銀行にはおまとめローンや借り換えローンがありませんがおまとめローンにも使えるフリーローンがあります。

最高限度額は消費者金融と同じですが、金利が6.5%から14.0%と低く最短2時間で審査回答という消費者金融のようなスピード審査も魅力です。

銀行カードローンなので総量規制の適用外ですから安心ですし利用条件に最低年収は有りませんから、アルバイトでも申し込みが可能です。

満20歳以上で完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入がある日本に在住している人なら申込はできますが専業主婦の方は申し込むことができません。

プライベートローンで足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」という商品もありますが前年の確定申告書などの収入を証明する書類が必要になります。

参考:おまとめローン審査が通りやすい?おすすめの銀行【審査甘い?】

銀行系消費者金融のアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンと言う名前のキャッシングサービスがあります。

消費者金融などの貸金業は総量規制が適用されますが借り換えローンの場合は例外貸付という特別措置が適用されます。

一方的に利用者が有利になることが前提である例外貸付とはおまとめや借り換えを含めた借入れ総額が年収の1/3を超えても認められる融資です。

アコムのカードローンに比べて借換え専用ローンは300万円と低めの限度額ですが貸付利率は7.7%~18.0%と高めの設定になっています。

借り入れた資金の使い道は貸金業者への返済に限られておりショッピングローンの返済には使う事ができません。

おまとめローンの手続きを順序良くに進めるために必要な書類や手続きについて紹介します。

必須の書類としては本人確認書類があり主に運転免許証やパスポート、マイナンバーカードが該当します。

借入状況を証明する書類の有無については、ローンを組む金融機関によって異なるのですが消費者金融でおまとめを希望する場合には総量規制の例外貸付になりますから必要となります。

収入証明書はおまとめをする金融機関によって異なりますが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上のローンを組む場合に必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など特殊な書類ですのでおまとめローンを検討している方は、早めに用意する手続きをとっておくことをおすすめします。

おまとめローンというものは多重債務の方が借入先を整理するために新規に融資をしてくれる所を見つけてこれまでの借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというものは既存の金利よりも低金利のローンから借り入れて既存のローンを一括返済して新規ローンを返済していくというローンの乗り換えを意味します。

両者は金融上の定義づけは異なりますが厳密に区別されることはないようで借り換えローンというサービス名でおまとめローンを提供しているといった金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高いというデメリットがあり、銀行は審査が厳しいことがデメリットとされていますがどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得かというとどちらとも言い切れません。

消費者金融のおまとめローンや借り換えローンは追加融資ができないのですが銀行はフリーローンが多いため、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。

おまとめローンは多重債務者の負担を軽減する商品ですが借入件数が多すぎる審査に通らないことがあります。

借入件数は3社でセーフ、4社でギリギリ、5社でアウトと言われていますが審査落ち確実な人でも通る策が無いかを考えてみましょう。

最優先で行うべきことは現在までの返済状況の確認と各社からの借入れ金額や残高の確認です。

完済できる借金があれば整理したほうが有利になりますから利用限度枠を計算して完済できるローンを洗い出しましょう。

借入件数が多くても過去の返済で金融事故がなければ返済能力があると判断されて審査を通過するケースも多いです。

おまとめローンに申し込んだ結果審査に落ちた場合その原因がわからなければ、次のおまとめローン審査を受けても通らない可能性があります。

審査項目には年収をはじめ、勤務先や勤続年数、借入件数などがあり、これら全て問題が無いと判断されれば審査を通過することができます。

年収は多い方が有利に働きますが、審査のポイントになるのは借入総額とのバランスで借り入れ額がある程度までであれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと評価が高く個人事業主の方や入社1年未満という方は評価は低いです。

個人信用情報というのは借入や返済状況を審査される項目でこれまでに自己破産や返済の遅延あった人、複数社から借り入れがある人は、審査が厳しくなります。

住宅ローンを借りる場合、カードローンを利用していると審査に通り辛くなるという話を聞きますが返済負担率に問題が無ければ、カードローンを組んでいても不利にはならないという意見もあります。

そうはいっても、お金に困っているからカードローンで借金をしているということは明白ですからなるべくなら、カードローンは住宅ローン審査までに解約しておいた方が良いでしょう。

借入先が複数ある多重債務者の場合はおまとめローンで1本化することが最優先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの審査を受けるのは不利だと考える人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞りなく返済をしていれば、きちんと返済する人という実績となりプラス評価となります。

更に住宅ローン利用者には優遇金利が適用される場合もあるので優良顧客という自信がある人は同じ金融機関で住宅ローン審査を受けることをおすすめします。

おまとめローンというローンは頻繁に利用するローンではありませんから利用を考えているほとんどの人が、わからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類などはおまとめローンを行っている金融機関のサイト上にある「よくある質問コーナー」にて回答されています。

借金総額がいくらになったら、おまとめローンを検討するべきかなどの一般的な質問については「おまとめローン よくある質問」と検索してみることをおすすめします。

情報サイトには消費者金融と銀行のメリット・デメリットも紹介されていますし金利やサービス内容についても比較しているので金融機関のサイトでは得られない情報がゲットできます。

審査に通るポイントや、通らない人の傾向などこれから組もうとする方にとって非常に有益な情報が多いので初めておまとめローンを組もうと考えている人は、必ず目を通すようにしましょう。

多重債務を1本化できるおまとめローンは借入れ残高の管理がしやすくなり、場合によっては金利も押さえることができます。

おまとめローンにはメリットが多いのですがデメリットも多いので、事前にチェックする必要があります。

おまとめローンに申し込むと審査を受けることになりますが多重債務者であることなどの要因で審査のハードルは高くなります。

毎月の返済額を少なくしたいという人は返済が長期化しますから、利息の総額は多くなるのは自覚しておくことです。

毎月の返済額が少なくなると「まだ借りられる」と錯覚する人もいるようで完済した業者から融資の勧誘電話がかかってくると、再び借り入れる誘惑に負けてしまうリスクもあります。

消費者金融大手のプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンという商品名のキャッシングサービスがあります。

一般的なカードローンとの違いは総量規制の例外貸付が適用されていることや返済だけしかできないカードローンだということです。

6.3から17.8%と高めの金利設定になっていますが銀行のおまとめローンよりもスピード感があります。

最大限度額が300万円なので全ての借入れをまとめることができないかもしれませんが申し込める人は安定した収入がある20歳から65歳以下の人ならアルバイトでもOKです。

既存の借入先への返済を代行してくれるだけでなく代行手数料や完済金の振込手数、繰り上げ返済手数も無料なのでメリットは大きいです。

おまとめローンを利用すれば複数の借入れを1本化できるので毎月何回もあった引き落とし日が1日になるので残高管理が楽になります。

おまとめローンにも一般のカードローンと同じ審査がありますが通常のカードローンよりも最大利用限度額が低く、最低金利は高い商品が多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を実例で比較しますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

おまとめローンをどちらの金融業者から借り入れるにしても毎月の返済額を抑えると負担は減りますが返済期間が長期化します。

返済期間が長期化すれば支払う利息も増えてしまうので返ってトータルの返済金額は大きくなってしまいます。