看護師の勤務時間が長い病院ってどうなの?

病院ごとに看護師の勤務時間が長いことがあります。
そういう病院は、人件費を節約するために看護師を極端に減らして、シフトをまわしていることが多いようです。
そんな病院だと、看護師が慢性的な疲労状態で、医療ミスを起こしやすいという情報があるので、就活の時にはちゃんとチェックしたほうが良いです。
看護師は、寝返りをすることが困難な患者の体の向き、位置を変えることや、一人で食事をとることのできない患者さんの介助、排泄の介助などの体力が必要な仕事もたくさんあります。
おまけに、その間にもナースコールが鳴れば、即対応しなければなりません。
その上、入院している患者が少しでも環境の良い中で入院生活が送れるように考えるのも看護師の仕事です。
どんな仕事でも、業界用語があるものです。
仕事を円滑にこなしていくためといった理由である業界でしか通じない言葉が発展しています。
看護士でも同じように業界用語が利用されています。
例えば、心マは心臓に刺激を与える、ギネというのは婦人科、乳の癌はマンマ、入院はアドミッションとか、数多くの業界のみの言葉を利用しています。
看護師が転職しようとする理由にはいろんなケースがあるでしょう。
最新の医療に触れ、より難度な医療技術を習得するとか、経験豊富になるために、より専門的な病院に転職したいというきっかけもあるようです。
それと、結婚や出産に伴って起こるライフスタイルに変化で、転職を望む事例も少なくありません。
看護師として働く時、比較的楽だと思われているのが、外来勤務でしょう。
もちろん、人の命を預かるという責任は同じですけども、夜に勤務する必要がない、休日がとりやすいなどの理由により外来勤務を希望する方も増えています。