FXにおけるユーロ円の通貨ペアは?

FX初心者におすすめの通貨ペアとして米ドル以外で良く紹介されるものが、ユーロです。
ユーロも第二の基軸通貨として安定した通貨であるため、米ドルと同じように取引が行いやすいでしょう。
FXのユーロと円という通貨ペアは、クロス円取引と呼ばれています。
クロス円取引とは、米ドルが絡んでいない取引のことをいいます。
ユーロと円の値段は、ユーロと米ドル、米ドルと円の価格を元に算出されているので、結局は米ドルが大きく関わっています。
つまり米ドルの動きに引っ張られる部分が多いのです。
特に、米ドルが売られると、逃避先にユーロが選ばれることが多々あります。
このようなケースが見られることを理解しておくようにしてください。
どちらかというと、特徴はユーロと米ドルに似ているようです。
ただし、ユーロと円の通貨ペアでは、ドイツの経済指標の確認が大事です。
ドイツはユーロに大きな影響を与えます。
ドイツのIFO経済研究所が発表する、IFO景況感指数については必ず確認するようにしましょう。
また、合わせて日本の経済指標を確認することをおすすめします。
ドイツと日本の指標を照らし合わせた上でのFXトレンドを見極める必要があります。
クロス円取引の場合は、トレンドが長く強く出ることが多いようです。
この特徴を考慮しながら、FX取引を行っていくようにしましょう。
また、ユーロと円の場合は、トレンドが続いているときであっても、値幅が大きい可能性もあるので、十分注意するようにしてください。
FX通貨